購入方法で比較

old woman headache

避妊を行うには、避妊器具の購入が不可欠です。避妊方法によっては購入の方法が面倒なものもありますので、入手方法でも比較してみましょう。

数ある避妊方法の中でも、最も入手しやすいのは間違いなくコンドームです。コンドームは薬局やコンビニでも購入ができますので、いつでもどこでも購入できるといっても過言ではないでしょう。
男性器のサイズが極端に大きな方は大きなサイズのコンドームが必要になります。少し大きな薬局に行けば大きなサイズのものも販売されています。
コンドームに関してはにおい付きのものや、性感を高めるための突起物がついたものもありますので、入手が難しいというよりは選ぶ楽しみがあるという感じです。カップルで選ぶと盛り上がりそうですね。

低用量ピルは産婦人科で処方してもらう必要があります。避妊用の低用量ピルは保険適用がされませんので、どうしても金額がかさんでしまうでしょう。
産婦人科に行くのが面倒な方や、恥ずかしいという方は、海外から個人輸入することで購入することもできます。
日本では海外から医薬品を個人輸入することは認められていますので、通販感覚で低用量ピルが購入可能です。個人輸入代行通販を利用すれば簡単に手に入りますが、商品の到着も遅くなるので、少し面倒な感じは否めませんね。

避妊用フィルムは日本国内で販売されていないので、ネットの通販で海外から輸入するしかありません。
低用量ピルを利用する方の多くが個人輸入代行通販で購入していることを考えれば、避妊用フィルムも低用量ピルも入手何度は同じくらいというイメージですね。
ただ低用量ピルは毎月一箱ずつ消費することを考えれば、性行為の際に少しずつ使用するだけの避妊用フィルムの方がお財布に優しいといえそうです。
昔は日本でも販売されていた避妊用フィルムですが、コンドームがここまで普及した日本で再販の望みは非常に薄いので、避妊用フィルムが必要な方は個人輸入代行通販を利用するしかないと思っておきましょう。