避妊の方法で比較

woman boring in kitchen room

コンドームは精子の流入を防ぐ方法、低用量ピルは女性の体を妊娠しにくくする方法、避妊用フィルムは精子を殺す方法という風に、それぞれ異なる方法で避妊を行います。避妊率だけでいえば低用量ピルが最高でしょう。

使用方法で比較

young woman holding a drugs

避妊方法を使い方で比較した場合、どれも大差ないように感じます。コンドームはイメージよりも難しく、低用量ピルは飲み忘れに注意が必要なので、最もシンプルな避妊用フィルムが良いかもしれませんね。

副作用で比較

many type of medicines

避妊方法を選ぶ際には、副作用についても知っておくことが必須です。コンドームと避妊用フィルムにはほとんど副作用がありませんが、最も高い避妊率を誇る低用量ピルには副作用があることを知っておきましょう。

購入方法で比較

old woman headache

購入方法で比較すると、間違いなくコンドームがもっとも使いやすいといえます。コンドームはどこでも購入できるのに対して、低用量ピルや避妊用フィルムは基本的に個人輸入の通販になると思っておきましょう。

男性ウケで比較

woman worry to her family

避妊は男性と協力して行いますので、男性ウケも非常に重要な要素になってきます。男性ウケの観点から言えば避妊用フィルムが最高になっていますので、彼を喜ばせたい方は避妊用フィルムを使ってみてはいかがでしょうか。

様々な避妊方法

many drugs on floor

「初体験はいつ?」というような話題は、男女ともに盛り上がる話題の一つです。実際にコンドームメーカーとしておなじみの相模ゴム工業が調査を行ったところ、男女ともに初体験の平均年齢は18歳という結果が出ました。
初体験の年齢はどんどん低年齢化が続き、時には中学生が妊娠して大騒ぎになることも多くあります。
18歳といえば高校生から大学生という時期なので、男女ともにまだまだ生活力がなく、責任を負えない状況です。だからこそ、日本人は性行為のたびに避妊を行います。

避妊の方法といえばコンドームが一般的ですが、そのほかにも低用量ピルや、避妊用フィルムなど様々な方法があります。
日本ではコンドームしか使われていないといっても過言ではありませんが、実はコンドームの避妊成功率は意外と低く、コンドームによる避妊の失敗例は枚挙にいとまがありません。
本当に妊娠を避けたい場合は、コンドーム以外の避妊方法も検討しておく必要があるでしょう。

今回焦点を当てたいのは、避妊用フィルムについてです。昔は日本でも「マイルーラ」という商品名で避妊用フィルムが発売されていましたが、コンドームの勢いに負けて売り上げが下がり、製造が中止になってしまいました。
しかし、避妊用フィルムはコンドームよりもたくさんのメリットがありますので、すべての女性が知っておいてもいいかと思います。また、避妊の成功率だけで見れば低用量ピルが最も高いので、低用量ピルについても知っておくと、さらに避妊の成功率は上がると思われます。
当サイトでは避妊用フィルム、コンドーム、低用量ピルについて様々な観点から比較を行っていきたいと思います。
これらの避妊方法について詳しく知り、自分に合った方法を見出すことで最良の避妊方法を見つけましょう。